具現化する力。全ては、コミュニケーションのために。

  • 事業紹介:デザイン [Design]
  • 事業紹介:サイングラフィックス [Sign graphics]
  • 事業紹介:ウェブ [Web]
  • 事業紹介:印刷 [Printing]
  • 事業紹介:企画 [Planning]
  • 事業紹介:デザイン [Design]
  • 事業紹介:サイングラフィックス [Sign graphics]
  • 事業紹介:ウェブ [Web]
  • 事業紹介:印刷 [Printing]
  • 事業紹介:企画 [Planning]

デザイン [Design]

情報発信を整えることで、伝えるチカラを最大限引き出す

思わず手に取ってみたくなるパッケージ。
行動を促すポスターやチラシといった広告。
使うことで目的を達成できる道具や製品。

デザインって、日常どんな場面にも存在していて、私たちに影響を与えるもの。 無くてはならない「必需品」なのです。

私たちCOXのデザインとは、ただ美しいとか、魅力的な素材や造形であるといった、いわゆる「アート」とは異なるものだと考えています。
美しいことで感動することがある。
でも、それだけでは「顧客の届けたい想い」を伝えるチカラとしては、不十分なのです。

「アートとは問題提起だ」と言われるています。
デザインはどうなのでしょう?
デザインとは、「問題解決」が最大の目的です。
デザインには例えば、形状とか、機能とか、目的とか美といった様々な要素があります。
そのすべてに共通するのは「整えて、何かを解決したり、実現する」こと。

だからCOXのデザイナーは、最適な表現方法やアウトプットを考えます。
考えて、考えて、それでもなお考えて、「問題解決」へ向けたアイディアを生み出します。

デザインで顧客の伝えたい想いを整えること。
顧客の想いを伝えるチカラを最大にする、COXのデザインです。

サイン [Sign]

例えば、目に見える範囲すべてが私たちの広告範囲。

微笑ましい写真をまとい、街中を走るラッピングバス。
目的地まで誘導してくれるインフォメーション。
ちょこっと、立ち寄ってみたくなるようなお店の看板。

街並や風景、目に見える範囲すべてが、サイングラフィックスの領域です。

印刷やウェブとは異なる、伝えるチカラ。
「観るコトに特化した伝えるチカラ」がサイングラフィックスの最大の魅力なのです。

自然や建物、表現する材質や加工方法を検討しながら完成した「伝えるチカラ」は、そのロケーションに最適化され、情報発信されます。

視界100%の情報発信で、120%の「伝わる!」を生みます。
それが、日常の中で、人々の心に深く浸透し、消費や安全確保といった行動に繋がるマインドシェアを獲得するのです。

街にコミュニケーション。
わずか数秒というサイングラフィックスの視認時間の中で、そのコミュニケーションは人々を、より行動的にさせて、街や地域の活動を支える大きなエネルギーになります。

見た人の日々の生活を支えること、人を動かすことがCOXの考えるサイングラフィックスです。

ウェブ [Web]

伝えるチカラを全方位に拡散して、共有できるコトがWeb最大の魅力

実は、インターネットの普及、FacebookやTwitterのようなSNS(ソーシャルネットワークサービス)の台頭は、 スマートフォンやパソコンといったコンピューター、および通信環境の進化と大いに関係があります。

「通信環境」の技術革新は、世界中を結びつけ、誰もが発信者になれる時代の到来を告げたのです。

「通信」は、個人が積極的に何かを表現できる場を提供することとなり、
それは、伝えるチカラを個人が持てるようになったことを意味しています。

こちらから伝えるだけでなく、伝えた相手からの情報発信を受ける。
そして思っても見なかった「伝えられた人の行動」が「伝えるチカラ」となることも、よくあることなのです。

そこが面白いと思いませんか?

これこそWebコンテンツならではの「情報の拡散と共有」なのです。

「インターネットという仮想世界の体験が、現実世界で行動するチカラになる。」

Webの体験を観察し、管理することで、隠れたニーズやウォンツを引き出し、欲求を満たすための問題解決につなげます。

そして何より、
「リアルでの体験改善」とその先の未来を描くことが、COXの理想とするWebコンテンツです。

印刷 [Printing]

伝えるチカラは「印刷」のエッセンスである

人類は遥か昔より、言葉と文字を用い、種として世代を超えた「知識と技術」の蓄積を可能にすることで発展を遂げてきました。 西暦1440年頃に発明されたグーテンベルグの活版印刷がその後の人類の発展と大きく貢献したことは言うまでもありません。「印刷」とは、安定的な情報発信(=広告)が可能となる技術革新だったのです。

そして現代。
時代の流れと共に情報発信の方法も大きく変わり、創業以来、COXの生業として情報を伝えてきた印刷は情報発信の中のひとつの手段となりました。

インターネットの普及、FacebookやTwitterのようなSNS(ソーシャルネットワークサービス)の台頭著しい昨今、 情報の拡散する範囲は爆発的に広がり、世界は狭くなったように感じます。

でも本当にそうなのでしょうか?
欲しい情報が届いていますか?
教えたい情報が届けられていますか?
その情報が届く前と後でどんな変化が生じましたか?

インターネットやSNSにはできないこと。
手に取った時のワクワクした気持ち、何より「見て、触れることで伝わる」情報発信が印刷の最大の魅力なのです。

コンピューター制御の中でも最後は職人の技。
美しい風景、シズル感あふれる料理。
1枚の紙に職人が魂を吹き込みます。

COXは、印刷の力、伝えるチカラと職人の技を信じて、今日も明日も顧客の想い(エッセンス)を印刷物にします。

企画 [Planning]

あなたのパートナーとして、一緒に一生懸命考えます

あなたの声を聞いて、聴いて、訊きます。
違った視点で、一緒に伝える仕組みづくりを一生懸命考えます。

コミュニケーションのための市場調査、分析、戦略立案etc.etc.

伝えたいことも、伝えたい人も、伝えたい方法も、人それぞれ。
あなたのパートナーとして向き合って伝えるチカラが活きるプロモーションをご提案します。

時には、あなたの手足となって動きます。

プロモーションの先にある、コミュニケーションについても、おまかせください!

あなたの伝えたいことはなんですか?
あなたの伝えたい相手は誰ですか?

どんな業種でも、どんなに技術が進み手法が増えても、「伝える」先は「人」なのです。

その「人」と「体験」とその「プロセス」が最大限価値あるものとするために。
多くの「!」を「伝えるチカラ」に注ぎ込み、コミュニケーションを創りブランドを育みます。

あなたのマーケットデザインに寄り添うことが、COXの企画(Planning)です。

当社事例

ページ上部へ

ページ上部へ